top of page
  • 日本口腔保健協会

万全の感染症対策!安心の歯科健診を職場で

更新日:2022年12月19日

日本口腔保健協会では、皆様に安心して歯科健診を受けていただけるよう院内感染防止のガイドライン等に基づき、健康管理・衛生管理を徹底しております。


 

歯科健診会場の環境、衛生管理

会場設営

  • 会場の換気を定期的に行います

  • 参加者間のスペースを広く取り衝立を設置します

  • 会場が混みあっている場合には外に待機場所を設置します

健診器具

  • 健診器具は使い捨てのものを使用します

消  毒

  • タブレットやペン類、机等は毎回消毒用エタノールで清拭します

そのほか

  • スタッフはフェイスシールド・マスクを着用し、グローブは一人ずつ交換し、手指消毒をします


新導入!高性能空気清浄機エアドッグミニ


ウイルスの飛沫拡散防止を目的に導入しています。

高性能小型TPAフィルターを掲載しており、電磁場をつくることにより有害物質をプラスイオンで帯電させ、磁石のように空気中の汚れを吸着します。

こちらは選択制で、ご希望があれば健診ブース毎に設置することが可能です。



訪問スタッフの健康管理


  • 毎朝、体温・体調を管理者へ報告します

  • 感染症の症状を呈する場合にはすぐに受診し、診断を受け完治まで療養します

  • 新型コロナワクチン接種を受け罹患を予防します


参加者の皆さまに向けてのお願い


  • 会場内ではマスク着用にご協力ください

  • 事前の手洗いにご協力ください

  • 会場入口での手指消毒・検温を実施します



 


健康な生活のためには、お口の健康管理は欠かせません。

定期的な管理が中断してしまうと、むし歯や歯周病が悪化し、全身の健康にも影響を及ぼすおそれがあります。

自覚症状が現れにくいからこそ、職場での歯科健診を実施し、ご自身のお口の状態を知っていただくことが健康維持への第一歩です。

最新記事

すべて表示
bottom of page