top of page
  • 執筆者の写真日本口腔保健協会

更年期を迎える前に知ってほしい、○○○との関係

3月1日から3月8日は女性の健康週間です

女性の健康に大きな影響を与え続ける女性ホルモン。

ライフステージによりその分泌量は大きく変化し、全身に様々な変化をもたらします。

今回は更年期にクローズアップしてお口の健康情報をお届けします。


更年期とは?

女性ホルモン(主にエストロゲン)は月経開始の時期に急上昇し、閉経とともに急降下します。

更年期とは、閉経の前後5年の合計10年間をさし、女性ホルモンの欠乏により免疫や自律神経に変化をもたらします。


更年期は歯周病が進みやすい⁉

女性ホルモンの欠乏により、更年期は下記のようなリスクが伴います。

①歯肉に炎症が起きやすくなる

②歯を支える骨(歯槽骨)が脆くなり、歯周病が悪化しやすい

③口腔乾燥症になる・・唾液分泌量や質が変化するため、歯周病だけでなくむし歯や口臭、味覚障害、舌の痛みなども併発

  

歯科医院でのプロフェッショナルケア(クリーニング)も忘れずに!

毎日のセルフケアにプラスしたいのが歯科医院での定期的なプロフェッショナルケア。

歯ブラシなどでは届かない歯周ポケットの中までしっかりクリーニングすることが歯周病予防のためのキーポイントです。もちろん、むし歯など他のトラブルにも早く気づき、対処できるので最近歯科医院から遠ざかっているかたは受診してみてください。


今日からできる!乾燥対策😊

▶舌回し体操・・・唾液の分泌を促します。


▶唾液腺マッサージ・・・唾液の分泌を促します。


▶口腔保湿剤

  性状によって3種類に分類されます。ご自分に合ったものを選んでみてください。

  ◎スプレータイプ・・・吹きかけて使うためどこでも使いやすい。持続時間は短め。

  ◎ジェルタイプ・・・指にとって塗る。効果は長持ち。

  ◎洗口液タイプ・・・ブクブクうがいでOK。持続時間は短め。

 

 

更年期は全身に数多くの変化をもたらします。

更年期障害が疑われるつらい症状は婦人科で治療できる可能性がありますので、

まずは相談してみましょう。

 

 

参考文献

永石匡司・川本亜紀,月刊デンタルハイジーン,医歯薬出版株式会社,2023年,142-169頁

高松潔・小川真里子・伊藤加代子・井上誠,歯科衛生士,クインテッセンス出版株式会社,2023年,36-42頁

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page