• 日本口腔保健協会

【歯科健診の実施効果】受診勧奨強化!生涯健康なお口へ

日本口腔保健協会の歯科健診では、むし歯・歯周病・粘膜疾患等のチェック、生涯口腔の健康を維持するためのセルフケア能力の向上と健康行動の変容を目標とした口腔健康管理の支援のほか、受診勧奨にも重点を置き適切な受療行動を目指します。


前回は歯科健診の実施効果として、セルフケア習慣についてご紹介しました。

(記事はこちら 【歯科健診の実施効果】セルフケアの実践力アップ!



📣今回は受療行動と口腔状況についてご紹介します。




歯科健診の実施効果

対象:同一事業所で7回継続して参加された男女183名

(2015年~2021年日本口腔保健協会調べ)


むし歯有病率が減少、定期健診の受診率が上昇していることから、適切な受療行動が行われていることがわかります。また、職場歯科健診や歯科医院で継続的なアドバイスを受け、セルフケア技術が上達したことで歯垢付着状態良好者が増加したと考えられます。



日本口腔保健協会の歯科健診では、セルフケアの向上を目標とした口腔健康管理の支援、受診勧奨により生涯健康なお口づくりをサポートします!


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


ご要望に合わせたカスタマイズ歯科健診を実施しております。

リクエストをお聞かせください♪



日本口腔保健協会の歯科健診についてはこちら

お問い合わせはこちら